ファクタリングとは

 

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が買取ることによって、企業に資金を提供するサービスです。買取時に一定のファクタリング手数料を支払うことになります。 ファクタリング会社の役割の中に債務者である売掛先の与信調査や管理、売掛債権回収・管理などもあり、ファクタリング取引の種類によって変化してきます。 ファクタリングという資金調達方法は【売掛債権】があれば

 ➡ 前期赤字決算だった

 ➡ 資金ショートしている

 ➡ 税金未納である

 ➡ 業績が悪化している

 ➡ 融資を断られた

 ➡ リスケ中である

などの状況下でも資金調達が可能になる方法です。  

 

「来月には追加融資が受けられるから、それまでのつなぎ資金として・・・」という利用の仕方をされる中小企業さまも多くいらっしゃいます。

 

繰り返し利用することで企業の運転資金・現金資金として、単発的に利用することでつなぎ資金としても活用できる資金調達方法が

ファクタリングなのです。

 

111

 

ファクタリングの種類について

ファクタリングにはいくつかの種類があり、企業の状況に合わせて選択できます。 ファクタリング会社によって全般的に対応しているところや1種類のファクタリング専門でやっているところもあるので、企業の現状に応じて選択していくと良いでしょう。

2社間取引ファクタリング

 

  2社間ファクタリングとは、売掛債権を保有する企業とファクタリング会社の2社間で行われる取引です。 取引先に債権譲渡を知られたくない場合に適しています。  

2社間ファクタリングのスキーム

九州版 2社間ファクタリング
 

【 2社間ファクタリングの一般的な流れ 】

①債務者(取引先)への商品の納品・サービス提供が完了し、売掛債権が発生。

②債権者とファクタリング会社の契約完了後、売掛債権の買取により早期売掛金の入金。

③債務者(取引先)より期日通りに債権者へ売掛金が入金される。

④債権者は、受け取った売掛金をファクタリング会社に支払う。

資金繰りが悪化したなどの企業の状況を取引先に知られたくない場合に適したファクタリングの方法です。また取引先が倒産したとして債権回収が不能になった場合でも、償還義務なしで返金請求されないので保険的な役割も果たしてくれます。 ファクタリング会社にとって、この債務者(取引先)に通知・承認のない売掛債権の譲渡は、3社間ファクタリングに比べリスクが高いので、ファクタリング手数料が割高である傾向があります。

2社間ファクタリン専門会社

 

3社間取引ファクタリング

 

  売掛金を保有する企業、売掛先である取引先企業、ファクタリング会社の3社間で取引が行われます。 3社間ファクタリングの場合、取引先企業への通知・承諾が必要で、ファクタリング会社が代金回収も担うことがあります。  

3社間ファクタリングのスキーム

九州版 3社間ファクタリング
 

【 3社間ファクタリングの一般的な流れ 】

①債務者(取引先)への商品の納品・サービス提供が完了し、売掛債権が発生。

②債権者とファクタリング会社の契約完了後、売掛債権の買取により早期売掛金の入金。

③債務者に債権譲渡通知・承諾を得る。

④債権者は、受け取った売掛金をファクタリング会社に支払う。

⑤⑥ファクタリング会社と債務者(取引先)で代金回収と代金支払い。

2社間ファクタリングとの大きな違いは、債務者への通知・承諾が必要になる点です。 しかし債権回収業務もファクタリング会社が担ってくれるので、早期資金化とともに回収にかかる手間や切手代や印紙代などの削減が大きなメリットです。また2社間ファクタリングよりも手数料が安く設定される傾向にあります。

 

 

保証ファクタリング

 

ファクタリング会社が売掛債権などに対して買取ではなく保証をしてくれる取引です。
債務者である取引先の倒産などにより、売掛金の回収が不能になった際にファクタリング会社が保証額を支払ってくれるというものです。早期資金化が目的ではなく、保険的な役割を果たすのでリスクヘッジになります。

保証ファクタリングのスキーム

九州版 保証ファクタリング

【 保証ファクタリングの一般的な流れ 】

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生する。

②③債権者がファクタリング会社に債権の保証依頼する。
ファクタリング会社が取引先(債務者)の信用調査を行い、その結果により保証額が決定される。
債権者がファクタリング会社に保証料(手数料)を支払う。

④ファクタリンング会社は売掛債権の保証をする。

売掛金の全額が保証されるのではなく、ファクタリング会社による売掛先の信用調査結果によって保証限度額が決定します。債権のもつリスクの大きさによって変動してきます。
取引先の信用度が低い、倒産する可能性で出てきて債権回収に懸念がある場合などに活用でき、目的が即日資金化ではなくリスク保証である場合に向いています。

【例えば】

3000万円の売掛金に対しファクターは取引先の信用調査の結果、保証限度額を1800万と設定

取引先の倒産により売掛金の回収不能に

3000万円の損失だったところが、ファクタリング会社より
保証額1800万円が支払われるので1200万円の損失で済む

  

 

診療報酬債権ファクタリング

 

医療機関・介護施設・調剤薬局が保有する診療報酬債権を利用したファクタリング取引です。
病院等で治療を受けた患者は、窓口で医療費自己負担(3割)を支払います。その後当該病院は審査支払機関である社会保険診療報酬支払基金(社保)・国民健康保険団体連合会(国保)に対して、診療報酬明細(レセプト)を提出します。
そのレセプトをもとに審査を受け、社保・国保に請求する残りおよそ7割の保険診療報酬が診療報酬債権です。

 

診療報酬債権ファクタリングのスキーム

九州版 診療報債権ファクタリング

【 診療報酬債権ファクタリングの一般的な流れ 】

 診療報酬(レセプト)請求

①債権者とファクタリング会社が契約する。

②国民健康保険団体連合会(国保)・社会保険診療報酬支払基金(社保)に診療報酬債権譲渡通知をする。

③ファクタリング会社が診療報酬債権分(一般的にレセプト請求額の約80% - 手数料)を前払いする。

④国保・社保がファクタリング会社に診療報酬債権の代金支払いをする。

⑤ファクタリング会社が残りの約20%を後払いする。

診療報酬債権は、ファクターにとっても「ほぼ必ず回収ができる安全性の高い債権」のため、審査も緩い傾向にあり、債務超過のようなケースでも契約可能だったりします。ただ2か月先の資金を先食いする形となるので、レセプト請求額の約20%しか資金がない月が発生することになります。