ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社が買取ることによって、企業に資金を提供するサービスです。

ファクタリング利用者側は、一定のファクタリング手数料を支払うことになります。

ファクタリング会社の役割の中には、
債務者である売掛先の与信調査や管理、売掛債権回収・管理などもあり、ファクタリング取引の種類によって変化してきます。

ファクタリングという資金調達方法は【売掛債権】があれば

 ➡ 前期赤字決算だった

 ➡ 資金ショートしている

 ➡ 税金未納である

 ➡ 業績が悪化している

 ➡ 融資を断られた

 ➡ リスケ中である

などの状況下でも資金調達が可能になる方法です。

 

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄県の企業のみなさま、 ファクタリングでの資金調達を検討してみてはいかがですか?
ファクタリングなら銀行融資を断られたような状況下の企業でも売掛金があれば資金化が可能です。

銀行に頼らない資金調達でキャッシュフロー経営を目指しましょう。

 

ファクタリングを実行する前には、ファクタリング会社による審査があります。

その審査は銀行の審査とは異なるものになり、ファクタリング会社独自の項目・内容になっています。

 

融資では返済能力が問われるわけですが、

ファクタリングでは売掛先である取引先企業の支払い能力が重要視されます。

 

利用者企業が債務超過のような銀行融資は受けられないような状況下であったとしても、

売掛先の信用力で最短即日の資金調達は可能になるのです。

 

 

 

もちろんメリットばかりではありません。

融資で金利があるように、

ファクタリングではファクタリング手数料を負担することになります。

ファクタリング手数料は法的に上限などが決められているわけでもないため、ファクタリング会社によって設定されます。(2016年6月現在)

一般的には5~25%あたりと言われていて、30%以上である場合は検討しなおすことをおすすめします。

 

売掛先の信用力や、支払いサイトの長さなどによって変動するため、

売掛先企業や申し込むタイミングによってはファクタリング手数料は変わってくるでしょう。

 

ファクタリングを利用する際には、

自社の状況に合わせたファクタリング取引、ファクタリング会社を選択することが重要になります。