診療報酬債権ファクタリング

 

医療機関・介護施設・調剤薬局が保有する診療報酬債権を利用したファクタリング取引です。
病院等で治療を受けた患者は、窓口で医療費自己負担(3割)を支払います。その後当該病院は審査支払機関である社会保険診療報酬支払基金(社保)・国民健康保険団体連合会(国保)に対して、診療報酬明細(レセプト)を提出します。
そのレセプトをもとに審査を受け、社保・国保に請求する残りおよそ7割の保険診療報酬が診療報酬債権です。

 

診療報酬債権ファクタリングのスキーム

九州版 診療報債権ファクタリング

【 診療報酬債権ファクタリングの一般的な流れ 】

 診療報酬(レセプト)請求

①債権者とファクタリング会社が契約する。

②国民健康保険団体連合会(国保)・社会保険診療報酬支払基金(社保)に診療報酬債権譲渡通知をする。

③ファクタリング会社が診療報酬債権分(一般的にレセプト請求額の約80% - 手数料)を前払いする。

④国保・社保がファクタリング会社に診療報酬債権の代金支払いをする。

⑤ファクタリング会社が残りの約20%を後払いする。

診療報酬債権は、ファクターにとっても「ほぼ必ず回収ができる安全性の高い債権」のため、審査も緩い傾向にあり、債務超過のようなケースでも契約可能だったりします。ただ2か月先の資金を先食いする形となるので、レセプト請求額の約20%しか資金がない月が発生することになります。

 

 

診療報酬債権を活用した2社間ファクタリングでは、

利用者企業(病院・介護関連業・薬局など)とファクタリング会社間のみでやりとりが行われます。

 

利用者企業は、ファクタリング会社に診療報酬を前払いしてもらい、その後期日通りに国保・社保から診療報酬が入金されたら、それをファクタリング会社に支払うような流れです。

 

【 例えば・・・ 】

介護老人ホーム・デイサービス会社N社は50万の資金を調達したい。

ファクタリング会社に相談する。
N社が保有する診療報酬債権100万のうち、55万を対象にファクタリング買取をしてもらう。

ファクタリング会社から50万の入金があり、早期の資金化に成功。

2か月後、国保・社保から診療報酬の100万の入金を確認したら、55万をファクタリング会社に支払い取引は完了。

 

といった流れになります。

 

分からないことがあれば、お気軽にお尋ね下さい。
診療報酬債権2社間ファクタリングの実績も多数あります。

▶▶ 株式会社ジャパンファクター公式サイトへ ◀◀