ファクタリングの歴史 

ファクタリングという資金調達方法は最近になって耳慣れた言葉のように感じますが、意外と古い歴史をもっています。

ファクタリングは16世紀にはイギリスなどで発生し、その後アメリカで発展した金融手法だと言われています。欧米では中小企業向けの金融分野で一般的に利用されてきたというしっかりとした歴史があります。

伝統ある古いシステムとも言えるわけですが、電子商取引にも対応した効率的で極めて現代的金融サービスです。

日本では手形取引での決済手段が主として使われてきたことや、売掛債権の譲渡が信用の低下につながるというイメージが大きく抵抗感が強いことなどの理由により、欧米に比べ普及してこなかったと思われます。