大分県ファクタリング利用者の声 

商品の納品も完了して、こちらとしては社員への給与支払いのために早く取引先から入金してほしいところなんですけど、やはりそう簡単にはいかないですね。

いくつかの取引先のうち最も支払いサイトが長いところでおよそ90日です。
これがファクタリングによって1週間くらいで資金化できるわけでしょ。
すごいですよね。なんで今まで知らなかったんでしょう。
結構前からこんな調達方法もやってたんですよね?
欧米では当たり前のようにやっている方法らしいです。

でもまだまだ日本じゃ浸透していないからか、取引先企業も債権譲渡に関して良い顔をしないところがありますよね。
「貴社の売掛債権を売って、現金化します」となれば、銀行融資はおりなかったのか?資金繰りがうまくいってないのか?と勘ぐってきます。

信用調査に響くと今後の契約更新にも影響しますから、2社間ファクタリングにしました。やはり2社間で取引する企業の方が多いようですよ。

 

実際申し込んでみたら、1週間なんてものじゃありませんでしたよ。2日で入金してもらえました。
これで資金繰りに労力を割かずに済むのが、私はなにより気が楽になりました。

2社間ファクタリングだったので、予定通りの取引先からの入金日にファクタリング会社にそれを支払うまでが取引です。
今後も自社の資金調達手段の1つとして利用していきたいので、しっかり取引を完了させてファクタリング会社とも信頼関係を築いていきたいところですね。

匿名

 

 

( 大分県日田市 / 製造業 / 40代 )

 

大分県日田市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視します。

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

またファクタリングなら取引の種類も複数あるので、企業の状況に合わせた資金調達の方法を選択できます。

  

おすすめファクタリング会社 ↓↓

ジャパンファクター バナーb