改装・設備投資資金でお困りの企業さまにも
ファクタリングは有効です!

 

ファクタリングは売掛金を保有していれば、最短即日の改装・設備投資資金の調達が可能になる方法です。
ファクタリング会社が売掛債権を買取ることで、取引が成立するので、【融資】でも【借入れ】でもありません。

つまり返済の必要はない資金調達方法になります。

 

会社の改装・設備投資資金として資金繰りを検討している中で、銀行融資では間に合わない、もしくは企業の状況によって銀行融資を断られてしまったなどの問題に直面したことはありませんか?

ファクタリングは利用者である企業よりも売掛先である取引先企業を注視します。そのため、改装・設備投資資金を調達したい企業が、なんらかの理由で銀行融資を断られたような状況下でも即日資金化も可能になります。
また銀行融資よりも開示書類も少なく、よりスピーディな資金調達が可能になるのです。

 

人差し指を上げて、パソコンを持つスーツを着た男性

 

開示する書類が少ないため、ファクタリング会社のレスポンスも早く、審査や取引内容の提案などもスピーディです。

もし会社の改装・設備投資資金を至急調達したいときにはとても有効な資金繰りの方法の1つと言えます。


 

▼設備投資のための資金調達/利用者の声▼

 

眼科医院を経営していますが、他の医院との差を出すために女性にスポットを当てる運営をしています。

眼科医院ではありますが、まつ毛や目周りの美容などの治療行為を行っています。
目の治療とともに、目を守るための皮膚やまつ毛にも注目して、より患者さんのニーズに応えるためです。

 

また患者さんにきちんと病状、状態を伝えるために、できるだけ最先端の機器を取りいれるようにしています。

現金資金を手厚くしておくために、初めてファクタリングで資金調達をしました。
借入れではなく、2か月先の資金を先に手にできるので返済の心配などはせずに調達できました。

言い換えれば、2か月先の資金が少なくなるわけですが、きちんと計算しています。
ファクタリングは融資や借入れではないので、利子の心配も返済の心配も不要ですが、利用する際には計画性は必須です。


 

会社・企業の経営をしていく上で、他社との差別化を図るために設備投資などを選択されることも多いのではないでしょうか?

先の支払いに備えて資金を手厚くしておく、銀行融資を獲得するために滞納中の税金を払うなど、ファクタリングでの資金調達の活用は多様にあります。

 

早期資金化・現金化が必要な会社、経営者さまもぴったりな資金調達方法です。