ブラックでも大丈夫?銀行融資以外の資金調達

 

資金調達方法はやはり銀行融資??

企業が資金調達方法としてまず思い浮かべるのは、やはり【銀行融資】です。

むしろ銀行融資しか道はないと思っている企業、経営者も少なくありません。
まさに銀行に頼りきった経営をしてしまうパターンです。

 

銀行融資は、融資先である企業・法人についてもですが、その企業・法人の代表にも保証が求められますよね。

 

銀行が代表者「個人」の信用情報を重要視するとは言い難いですが、代表個人が消費者金融などでの借入があるなどの情報は銀行に知られてしまいます。すると、代表以外での個人保証人を求められたり・・・。

銀行融資を希望しているのに個人の借入はいまだ返済していない、ましてやブラックであるなどの情報が銀行に伝わってしまうことが、銀行融資にまったく関係しないとは言い切れません。
代表者、経営者に依存した経営をしている会社なら、確実に影響があると思われます。

 

OZPA87_megaitaindesu20130707_TP_V

「法人融資とは無関係」と判断されるのか、「資金不足を個人の資金調達でなんとかしようとしている」、「個人的なものとは言え、借入金がありまだ返済も完了していない。返済計画に不安がある」と判断されるのか・・・。

 

 

借入金がある、ブラックである、税金を滞納している・・・といった状況下の企業、会社が銀行融資を獲得するにはとても厳しい現実です。

 

銀行融資以外にも資金調達の方法があるのか?

 

今、銀行融資以外の資金調達方法として需要が伸びているのが『ファクタリング』です。

 

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、数カ月先にしか資金になりえなかったものが、最短即日で資金化・現金化が可能になる方法です。

 

ファクタリングについて詳しく知りたい >>

 

ファクタリングをするためには、ファクタリング会社に申込みをして、ファクタリング会社が求める開示書類を提出し、独自の審査を受けることになります。

 

その開示書類と審査方法が銀行とは異なるので、銀行融資よりもスピーディな資金化・現金化が可能となるのです。

ファクタリング契約の流れ >>>

 

ここで注目したいのが、ファクタリング会社の審査上で重要視されるのが、売掛先企業の信用情報ということです。

ファクタリング会社は、利用者企業に売掛金の前払いをして、売掛先企業が期日通りに売掛金を支払った分を回収することで利益を得られます。

売掛先企業が不渡りを起こし、売掛金回収ができなくなってしまった場合でも、利用者企業にはファクタリング会社に前払いしてもらった売掛金を返金する必要がありません。

つまり、売掛先企業がきちんと売掛金の支払いをできるような企業でないと、回収リスクをファクタリング会社が被ってしまうのです。

 

それゆえ、ファクタリング会社は利用者企業の状況よりも、売掛先企業の信用情報を注視する傾向にあるのです。

もちろん、すでにファクタリング会社から売掛金を前払いしてもらっているにも関わらず、売掛先企業から入金を受け、本来ならすぐにファクタリング会社に支払いをしなければらないものを使い込んでしまうなどのリスクもあるので、

利用者企業の信用情報も疎かにされるわけではありません

 

きちんとヒアリング、面談を行ってでないと契約をしてくれないファクタリング会社がほとんどです。

 

PAK75_bizman20140823093347_TP_V

 

 

ここで最も伝えたいことは、

 

銀行融資を断られたから、赤字だから、税金・社会保険料滞納中だから、ブラックだから・・・と資金繰りを諦めている会社、経営者の方も、

ファクタリングなら資金調達が可能になるということです。

 

2社間ファクタリングなら、取引先企業に知られずに売掛金の早期資金化ができます。
ファクタリング会社から取引先企業に連絡をしたりすることは一切ないので、その後の取引に影響はありません。ご安心下さい。

 

上記のような悩みをもつ会社、経営者さまもまずはご相談下さい。

2社間ファクタリン専門会社

 

ブラック OK 銀行融資 ファクタリング 会社

top_con04

 

相談 申込みボタン

 

 

取引先、売掛先は法人企業であれば、個人事業主さまもお取引可能です。

個人事業主さまとも取引しているファクタリング会社は少ないので、ぜひ株式会社ジャパンファクターをご利用下さい。

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

個人事業主さまとの取引実績もあり、事例として紹介されています。