佐賀県ファクタリング利用者の声  

佐賀県武雄市で建設会社を経営しています。
ファクタリングを利用したので、他の経営者の方の参考になればと思います。

今回、売掛先の入金が遅れることになり、当座決済が難しい状況になりました。
これまでは銀行融資で解決してきましたが、つい最近新規事業を展開するために融資を受けたばかりだったんです。そのため追加での融資は受けられずに、他の方法で解決しなければいけませんでした。

そこで前々から関心があったファクタリングを取りいれてみることにしたのです。
ファクタリングは簡単に言うと、何カ月か先に入ってくる予定の取引先からの入金をファクタリング会社に手数料を支払って、前払いしてもらうサービスですよね。

一見、手形割引と何が違うのか?となりました。

説明を聞いていくと全然違うことが分かりますよ!
手形割引は銀行に持ち込んで手形を担保にお金を借りるので借入れ金であり、取引先からの入金後返済しなければなりません。しかしファクタリングは買取になるので、返済などの概念がまずありませんと説明を受けました。

また手形は不渡りのリスクを持っていますが、ファクタリングでは譲渡してしまったあとは、取引先が倒産などで売り課金を回収できなくても、自社に返金の義務は課せられません。

まあ、このリスクがファクタリング契約の際にもポイントにはなりますよね。ファクタリング会社も回収不能リスクが高ければ契約してくれないでしょうから。

最近は、元請会社が手形を発行してくれるところがほとんどないので売掛金の入金を待つしかなかったので、ファクタリングという仕組みは本当に助かりました。

 

利用を考えられている方は、買取金額や掛け目、ファクタリング手数料がファクタリング会社によって異なるので、自分の企業に合った提示を出してくれるところを選択してくださいね!

銀行融資だと自社の経営状況や信用度は大きく影響しますが、ファクタリングでは売掛債権の質、つまり取引先企業についてが注視される点が大きいことは覚えておいた方が良いです!

自社が資金ショートの危機に手早く救いの一手になってくれるのは、ファクタリングかもしれません。

匿名 

 

( 佐賀県武雄市 / 建設業 )

 

九州のファクタリング会社 ↓↓

ジャパンファクター バナーb

 佐賀県武雄市の企業の方にもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視します。
・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

またファクタリングなら取引の種類も複数あるので、企業の状況に合わせた資金調達の方法を選択できます。 

   

ファクタリングを活用するメリットとしては、

未回収の売掛金を現金化することでキャッシュフローが改善されるという点や、資金的余裕が生まれこれまで引き受けられなかった取引量をこなすことができるようになることが見込まれます。

また、取引先企業が不渡りを起こし、予定されていた売掛金の支払いができなくなったとしても、
ジャパンファクターが先払いした売掛金を返金する必要はありません。ジャパンファクターが負担します。

 

取引先が倒産するなどの状況になった時、黒字倒産という危機に面してしまうのが中小企業、零細企業の特徴ですが、

そのような場合のリスクヘッジの役割も、ファクタリングは担っており共倒れのリスクを回避できます。

 

 

ファクタリングは「難しい」「面倒」「ややこしい」ということはありません。

売掛金を保有されている会社さまはぜひファクタリングでの資金調達をご検討下さい。