医療・介護関連業ファクタリング事例①(Sクリニックの場合)

【  歯科医院Sクリニック / ファクタリング成功額 600万 】

 

開院して10年の節目で、クリニックの増設をすることにしました。
本格的に稼働していくまでには半年ほどかかってしまい、その間支払いが先行する経費も多いので銀行融資を追加でお願いすることにしました。やはり融資がおりるまで少し時間がかかるので、つなぎ資金の確保をしたくてファクタリングを利用することに。

診療報酬債権は相手が国保や社保になり、ファクタリング会社も必ず回収できる債権として扱ってくれるので、審査に落ちるとかそのような不安はほとんどありませんでした。国保・社保に債権譲渡の通知が届いたことが確認できてから、ファクタリング会社から買取金額が入金されました。

匿名

 

 

   

 

医療・介護関連の業種の会社さまにもおすすめの資金調達方法がファクタリングです。

特に、医療・介護関連業の会社さまは診療報酬債権、介護給付費が対象となり、売掛先は国保・社保です。
ファクタリング会社としては、売掛先の信用度を注視する傾向にあるので、医療・介護関連業の会社さまとのファクタリング取引の手数料は安く設定されやすいです。

ファクタリングなら企業の現在の資金計画などを重視するのではなく、債務者である取引先企業、売掛債権の質を注視します。

・取引先の支払いサイトが長い
・常に現金資金がぎりぎり
・税金滞納中
・赤字決算
・銀行融資を断られた
・担保、保証人がない
のような厳しい状況下でも資金調達が可能です。

またファクタリングなら取引の種類も複数あるので、企業の状況に合わせた資金調達の方法を選択できます。

  

おすすめファクタリング会社 ↓↓

九州地方を中心とした企業さま向けにファクタリングでの資金調達をサポートするサイトです。
当サイトで紹介しているファクタリング会社は全国対応出張対応もしているので、
北海道・東北、関東、中部、近畿、中国、四国地方の企業さまでもご利用頂けます。

ファクタリング 無料相談