当サイトで紹介しているファクタリング会社は全国対応出張対応もしているので、
北海道・東北、関東、中部、中国、近畿、四国地方の企業さまでもご利用頂けます。

ファクタリングとは

 

ファクタリングは、

★融資ではない

★借入金ではない

★担保ではない

企業が保有する売掛金をファクタリング会社に譲渡、つまり売買契約を締結することによって最短即日で資金化が可能になる資金調達方法です。

 

ファクタリング会社への問い合わせで最も多いのが、「融資ですか?」「利子は?」「金利は?」という質問です。

ファクタリングはファクタリング会社が売掛金を買い取り、数カ月先に取引先企業から入金予定だった売掛金を最短即日で入金してくれ、その後期日通りに取引先企業から売掛金の入金があった後に、ファクタリング会社にそれを支払えば取引は完了となります。

利子分をまた資金繰りする必要もありません。

 

 

また、もしも取引先企業が不渡りを起こしてファクタリング会社が売掛金回収が出来なくなってしまったとしても、前払いしてもらった売掛金をファクタリング会社に返金する必要もありません。

つまり、利用者企業にとって取引先企業からの売掛金回収リスクをファクタリング会社に移転できる面も併せ持つのです。

 

ファクタリングが選ばれている理由

今ファクタリングが中小企業を中心に資金調達の方法の1つとして選ばれている理由は、安定した売掛金さえ保有していればファクタイング会社が独自の審査で買取りできるかどうかの判断をするため、銀行融資を断られた又は銀行融資を待っていては支払いに間に合わないといった状況下の企業でも早期資金化ができるからです。

img_6253-624x464

 

その中でも、2社間ファクタリングは利用者企業とファクタリング会社との2社間で契約を締結するため、売掛先である取引先企業に知られることなく資金化ができます。
これにより、取引先企業への通知や債権譲渡に関する承諾を得るという過程が省略され、よりスピーディな資金化が可能になるのです。

またなにより利用者企業が最も懸念するであろう、取引先企業からの信用情報に影響がない点が大きなメリットと言えます。

 

ファクタリング メリット デメリット 経営悪化 資金ショート 図

 

ファクタリング取引の中でも、2社間ファクタリングを選択する企業が最も多いです。

売掛金が発生し、取引先企業の支払いサイトが長かったり、先出しの支払いが多いような、

□ 建設業

□ 工事請負業

□ 製造業

□ 卸業

□ 運送業

□ サービス業

などのほか、診療報酬債権が発生する

□ 医院・病院

□ 介護施設

□ 調剤薬局

などの企業・会社さまも、ファクタリングでの資金繰りの悩みが解決できます。

 

 

当サイトで紹介しているファクタリング会社は、
全国対応・2社間ファクタリング対応・個人事業主さま対応のファクタリング会社です。

九州・福岡に拠点があります!
株式会社ジャパンファクター 公式サイト >>> こちら 

2社間ファクタリン専門会社


top_con02

 

ファクタリング会社の営業時間内に相談できないというお忙しい経営者さまのために、24時間問い合わせ受付フォームと設置しています。

入力頂いた連絡先に担当者よりご連絡させて頂きます。
担当者がヒアリング等を行い取引内容をご提案します。十分に検討された上でご契約が出来る流れになっていますので、お気軽にお問合せ下さい。

 詳細は 株式会社ジャパンファクター公式サイトへ >>>

 

九州地方以外の都道府県も対応できます

 

北海道・東北地方 : 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島 
  中部地方   : 新潟・長野・山梨・静岡・愛知・岐阜・富山・石川・福井
  関東地方   : 東京・埼玉・神奈川・千葉・茨木・栃木・群馬
  近畿地方   : 大阪・京都・奈良・兵庫・三重・滋賀・和歌山
  中国地方   : 山口・広島・岡山・鳥取・島根
  四国地方   : 香川・徳島・高知・愛媛
 

日本全国対応していますので、安心してご利用下さい。

北海道や大阪、静岡など各地でのファクタリング成功実績があります。