佐賀の下請中小企業さまにも注意してほしい!
ファクタリング手数料について

ファクタリングをすでに利用したことのある佐賀の下請中小企業さまの中には、「手数料は3%」「ファクタリング手数料、業界最安」などの広告に魅力を感じて申込みをした、という方も多いのではないでしょうか。

実はこの言葉には注意が必要です。

佐賀の下請中小企業さまが問い合わせをして見積もりを出してもらうときにはファクタリング手数料が3%ほどであったとします。ファクタリングという早期資金調達できる金融サービスの性質で、現在の仕組みであれば手数料3%はとても安いと思います。

しかし、実際にはこのファクタリング手数料と銘打った3%の費用の他に、別途契約にかかる費用が後からついてくるというケースが多いようなのです。ファクタリング手数料以外の別途費用とは、契約書作成などにかかる事務手数料・印紙代、県外への出張費用、キャンセル手数料などです。

佐賀の下請中小企業さまの保有する売掛金を買取する場合、ファクタリング会社はどれくらいのファクタリング手数料がかかるか計算をします。このファクタリング手数料はファクタリング会社によって異なります。金額だけでなく、その内訳もファクタリング会社によって違ったりします。

下記の例をご覧ください。

例えば佐賀の下請中小企業さまがファクタリング会社△△が手数料最安と知り、見積もり相談をしたとします。
保有している売掛金は500万で、調達希望額が100万で考えてみましょう。ファクタリング会社△△は佐賀の下請中小企業さまからヒヤリングして見積もり・審査に必要な情報を聞き出します。また見積もり・審査に必要な書類なども提示を求めるでしょう。そうして費用を計算していきます。

例1)は、全ての費用をファクタリング手数料として10%=10万円を提示している例です。

例2)は、ファクタリング手数料5%と別途費用を請求した結果=15万円の費用がかかったとする例です。

結果的には例2)の方が費用が高くついてしまったことになります。

このような仕組みを佐賀の下請中小企業さまがこのファクタリング会社と契約すると決断する前に説明してくれると良いのですが、当日サインをする直前に話すというファクタリング会社も一部あるようです。すでに佐賀の下請中小企業さまとしては「これで今日中に資金繰りができる」予定になっているでしょうから、大変戸惑われるでしょう。必要な時間までに必要な金額を資金繰りできない可能性も出てきます。
今更予定変更できないからとそのまま契約した、という経営者の方のお話も聞いています。

ファクタリング手数料に関しては佐賀の下請中小企業さまが保有する売掛金でファクタリングをする場合、いったい手数料は総額でいくらかかるのか、その【ファクタリング手数料の内訳】について早めの段階で問い合わせておくことをおすすめします。これから初めてファクタリングを導入しようとしている佐賀の下請中小企業さまも同様に、ファクタリングに関する疑問点などはしっかり解決してから本契約を結んで下さい。


九州・佐賀の下請中小企業さまがファクタリングを導入するなら

ジャパンファクターへご相談下さい!

ジャパンファクターでは、ご利用頂く佐賀の下請中小企業さまファクタリング手数料以外の費用を請求することはありません。最初に提示したファクタリング手数料以外に費用を請求するようなことはありませんので、安心してご利用頂けます。契約内容に納得できない場合などでも見積もりの費用など一切かかりません。

佐賀の下請中小企業さまがファクタリングする場合、どれくらいの日数で、それくらいの手数料で資金調達できるのか、すぐに無料見積もりを出すことができます。▼詳細はこちらから▼

ジャパンファクターでは3社間ファクタリングも利用可能です。3社間ファクタリングであれば、2社間ファクタリングよりも資金化までに少し時間がかかりますが、手数料は低く設定できます。

3社間ファクタリングを検討したいという佐賀の下請中小企業さまもぜひジャパンファクターへお問い合わせ下さい。