佐賀市の中小企業さまの売掛金を早期資金化して資金調達

 

事業資金、つなぎ資金の調達でお困りの佐賀市の中小企業さまはいらっしゃいませんか?

もちろん資金が必要な期日までに銀行融資を利用できれば問題はありません。

しかし、それでは間に合わない、または銀行融資は断られてしまったという佐賀市の中小企業さまもいるでしょう。

そんな佐賀市の中小企業さまにご紹介したいのが、 最短即日で資金繰りができる銀行融資以外の資金調達方法 です。

佐賀市の中小企業さまが保有する売掛金を期日よりも早く最短即日で現金化できる金融サービス、

それが ファクタリング です。

ファクタリングとはいったいどのような資金調達方法?

ファクタリングは、資金調達をしたい佐賀市の中小企業さまが取引先に対して請求済みである売掛金(売掛債権)を早期資金化することで資金調達が可能になります。

ファクタリングは売掛金の早期資金化と表現される他に、売掛債権の譲渡や売掛金の売買などとも説明されます。

売掛金の支払いを受ける佐賀市の中小企業さまを債権者、売掛金の支払いをする取引先を債務者として、ファクタリング会社とファクタリング契約を締結することとなります。

保有する売掛金を早期資金化したい【 佐賀市の中小企業さま 】、

売掛金の支払いをする債務者【 取引先企業 】、

佐賀市の中小企業さまに売掛金の前払いをする【 ファクタリング会社 】、

の契約により成立する銀行融資以外の資金調達方法となります。

 

佐賀市の中小企業さまにとって、少し気がかりになるのが『取引先企業』が関わってくることかもしれません。

ファクタリングの種類によっては、『取引先企業』への通知や承諾不要で売掛金を即現金化できますのでご安心下さい。

取引先企業への通知をしたくないという佐賀市の中小企業さまは
>> 2社間ファクタリング

 

佐賀市の中小企業さまが選択するファクタリング契約の種類

3社間ファクタリング

 

保有する売掛金を早期資金化したい【 佐賀市の中小企業さま 】、

売掛金の支払いをする債務者【 取引先企業 】、

佐賀市の中小企業さまに売掛金の前払いをする【 ファクタリング会社 】、

3社 でファクタリング契約を行います。



3社間ファクタリングでは、

佐賀市の中小企業さまが、対象の売掛金の請求先である取引先企業に対して、債権譲渡(ファクタリング)することを通知又は承諾を得る必要があります。

3社間ファクタリング契約成立後、ファクタリング会社が佐賀市の中小企業さまにファクタリング手数料を差し引いた額の売掛金を前払いします。

3社間ファクタリングでは、取引先に対象の売掛債権をファクタリング会社に譲渡することを通知又は承諾を得る必要があります。

契約成立後、ファクタリング会社が佐賀市の中小企業さまにファクタリング手数料を差し引いて売掛金の前払いをします。佐賀市の中小企業さまが希望する指定口座に入金することができます。ファクタリング利用者の中には取引銀行の口座を避ける企業さまも多いです。

その後、対象の売掛金本来の支払い期日になったら、取引先からファクタリング会社に売掛金が支払われるような流れになります。

3社間ファクタリングで知っておきたいポイント

✅3社間ファクタリングで手数料が最安

佐賀市の中小企業さまが3社間ファクタリングを選択するメリットがあります。

それは 2社間ファクタリングよりも安い手数料でファクタリング契約ができる というものです。

ファクタリングで佐賀市の中小企業さまが保有する売掛金を早期資金化するには、ファクタリング会社に手数料を支払わなければなりません。それが ファクタリング手数料 です。手形割引で割引料を支払うのと同じようなものです。

現在のところ、このファクタリング手数料に関して法律ではっきりと定められているわけではなく、 ファクタリング会社によって設定する ことができます。

ファクタリングは融資ではないため、貸金業法の法定利息なども適用されるわけではありません。手数料の上限がはっきりしていないためぶ、あまりにも高い手数料を請求するファクタリング会社もあったようです。一般的には30日の支払いサイトで、3社間ファクタリングの場合3~8%、2社間ファクタリングの場合5~20%ほどで設定されると言われています。

これは取引先企業の信用力など、ファクタリング会社独自の審査によって決められるものです。



3社間ファクタリングが2社間ファクタリングよりも安い手数料で契約できる理由としては、 入金の流れ にあります。

3社間ファクタリングでは取引先からファクタリング会社に直接支払いは行われるのに対し、2社間ファクタリングでは取引先に知られずに売掛金の早期資金化をするため、取引先げの売掛金の回収は通常通り佐賀市の中小企業さまが代行して行うことになります。

2社間ファクタリング契約を締結した場合、すでにその売掛金はファクタリング会社のものではありますが、一時的に佐賀市の中小企業さまのところに入金されることが 使い込みリスク などを発生させます。リスクの高さはファクタリング手数料に反映されます。

つまり、ファクタリング会社にとって >2社間ファクタリングの方がリスクが高いために3社間ファクタリングよりも高い手数料に設定せざるを得ない のです。

ですから佐賀市の中小企業さまが3社間ファクタリングを選択した際には、最安の手数料で売掛金の早期資金化ができると思われます。

 

2社間ファクタリング

 

保有する売掛金を早期資金化したい【 佐賀市の中小企業さま 】、

佐賀市の中小企業さまに売掛金の前払いをする【 ファクタリング会社 】、

2社 でファクタリング契約を行います。



2社間ファクタリングでは、取引先に佐賀市の中小企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社に譲渡することを 通知または承諾なし で実行することができます。

佐賀市の中小企業さまがファクタリングで資金調達をしたいが、取引先の承諾を得られない場合などには、この2社間ファクタリングを利用することで同様に売掛金の早期資金化ができます。

取引先の同意を得る必要がないため、3社間ファクタリングよりもさらにスピーディに資金調達ができる方法でもあります。もちろんファクタリング会社が無断で取引先へ連絡をとったりすることもありません。

契約成立後、ファクタリング会社が佐賀市の中小企業さまに契約対象の売掛金から手数料を差し引いた金額を前払いします。その後、売掛金本来の支払い期日になれば取引先から佐賀市の中小企業さまに一旦売掛金の支払いがあります。そこから佐賀市の中小企業さまがファクタリング会社に支払いをするというお金の流れになります。

ファクタリングで資金調達をする時のポイント

✅掛け目が設定されることがほとんど

佐賀市の中小企業さまはファクタリングで早期資金化するのは対象の売掛金の一部であっても可能です。例えば、取引先A社の売掛金1,000万円を保有しているならば、そのうちの200万円だけでファクタリングで早期資金化できます。

例①)売掛金1,000万円保有/200万円を早期資金化/2社間ファクタリング/手数料8% → 200万円を早期資金化した後、期日通りに取引先より1,000万円の売掛金が入金される → ファクタリング手数料8%を含む216万円をファクタリング会社に支払う → 売掛債権売却損16万円

例②)売掛金1,000万円保有/全て早期資金化/2社間ファクタリング/手数料8% → 925万円を早期資金化した後、期日通りに取引先より1,000万円の売掛金が入金される → ファクタリング手数料8%を含む1,000万円をファクタリング会社に支払う → 売掛債権売却損75万円

しかし、この例②のように1,000万円の売掛金に差額が発生することなく取引先から入金されるという保証はないため、多くのファクタリング会社が掛け目・デポジットを設定します。そのため例②のような契約内容は極稀なケースとなるかもしれません。

 

佐賀市の中小企業さまがファクタリングで資金調達するなら!

福岡本社の株式会社ジャパンファクターへご相談下さい。

佐賀市はもちろん 九州各地の中小企業さまの資金繰りをファクタリングでサポート します。

佐賀市の中小企業さまにジャパンファクターのファクタリングがおすすめな理由

✅2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも契約可能

佐賀市の中小企業さまのご希望に合わせて、契約内容の提案をします。

✅登記留保の選択ができる

債権譲渡登記をせずに2社間ファクタリングをすることも可能です。

✅九州の中小企業さまとの取引実績が多い

ジャパンファクターは本社が福岡ということもあり、九州・山口の中小企業さまとのお取引が最も多く、ご紹介や口コミなどで問い合わせを頂くことも増えています。東京まで行って契約することが大変・不安な中小企業さまも安心してご利用頂けます。

✅個人事業主さまも契約が可能

売掛先が法人企業であれば、佐賀市の個人事業主さまでもファクタリング契約が可能です。実際に飲食店やWEB広告業、建設業などのさまざまば業種の個人事業主さまとファクタリング契約を継続中です。

✅デポジットなしの契約も可能

ジャパンファクターであればデポジットなしのファクタリング契約で、手数料を除く売掛金全額を早期資金化することができます。
※審査によって難しい場合もあります。

ファクタリングにおけるデポジットとは

佐賀市の中小企業さまの業種によっては、取引先への請求額と実際の入金額に変動が出てしまうこともあるかと思います。

佐賀市の中小企業さまが出した請求書を基にファクタリング会社は買取金額を出して前払いをしますが、結果的に取引先からの入金が請求額より少なくなってしまった、ということも考えられます。その対策として用いられるのが デポジット = 留保金 です。

ファクタリング会社が佐賀市の中小企業さまの売掛金を前払いする際に、調達希望額の全額を入金せずにその一部を留保してその一部から差額を精算する仕組みです。

例えば90%を前払いし、残りの10%で請求書と実際の取引先からの入金額との差額を調整してから、2次入金のような形で佐賀市の中小企業さまに入金するというものです。この残りの10%というのがデポジット(留保金)です。

〔 調達希望額の90% 〕を前払いして、取引先よりファクタリング会社に入金があったら〔 残りの10% - 請求書と実際の取引先からの入金差額 〕をまた佐賀市の中小企業さまに入金する流れになります。

 

ジャパンファクターでは佐賀市の中小企業さまも個人事業主さまも、2社間ファクタリングor3社間ファクタリングの選択ができます。

取引先への通知を避けたい企業さまやファクタリング手数料を安く抑えたい事業主さまなど、

それぞれの事情や状況があるかと思います。

佐賀市の中小企業さま、個人事業主さまがどのような場合でもジャパンファクターのファクタリングが対応できるように、どちらのファクタリング取引も取り扱っています。

個人事業主さまも契約可能としているファクタリング会社は多くはありません。

この機会にぜひジャパンファクターへお問い合わせ下さい。

相談申込みフォームは24時間受付中です。相談・お見積りは無料で実施しております。

また佐賀市・九州だけでなく、東京にも支店をおき日本全国対応しておりますので、九州エリア以外の中小企業さま・個人事業主さまからの相談申込みもお待ちしております。