事業の資金繰り相談ならジャパンファクターを推奨

事業の資金繰りにファクタリング

急ぎの資金繰り方法にファクタリングが最適

事業の運用資金の調達が常に悩みの種となっている中小企業や零細企業も少なくないでしょう。

運用資金の資金繰り方法としてまず真っ先に挙がるのは「銀行融資」です。

では銀行融資が受けられない場合、中小企業や零細企業はいったいどうすれば良いのでしょうか。

✓ 赤字決算だった
✓ 税金滞納

✓ 債務超過

✓ リスケ中である

などの条件が1つでもあれば銀行融資は難しくなります。

 

銀行融資を受けることが難しい時の運用資金調達の方法として次に挙がるのは、「ノンバンク」による資金調達でしょう。

ノンバンクとなればさらに選択肢が増えます。

しかしノンバンクでの金額の上限では必要資金に足りなかったり、ノン

バンクの融資ですら受けることが難しい企業もあるはずです。

そんな厳しい状況下の企業でも利用できる、

ノンバンクの運用資金調達方法の1つがファクタリングです。

全国対応ジャパンファクター公式サイトはこちら

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が取引先に請求済みである売掛金をファクタリング会社に譲渡することで 期日よりも早く資金化できる という金融サービスです。

ファクタリングでの資金調達は「融資」ではありません。手形割引と似た取引になります。

売掛金を企業が保有する債権として譲渡することになります。譲受人であるファクタリング会社は譲渡代金を企業に支払います。

この譲渡代金がファクタリングをした企業にとっての売掛金の早期資金化となります。

ただし、1,000万円の売掛金をファクタリング会社に譲渡するとした時、1,000万円を資金化できるわけではありません。ファクタリング会社に対して、ファクタリング手数料というものを支払う必要があります。

手形で手形割引をして資金化する際に、割引料がかかるのと同じです。

一般的なファクタリングの流れ

①サービスの提供や商品の納品が完了して取引先企業に対してその請求を出します。=売掛金の発生。

②その売掛金をファクタリング会社に譲渡する旨と取引先企業に通知します。取引先企業はその通知を承諾します。

③契約書が作成され、企業と取引先企業、ファクタリング会社でファクタリング契約を締結します。

④契約書で定めた譲渡代金をファクタリング会社が企業へ入金します。これが企業にとっては売掛金を早期資金化したことになります。

⑤本来の期日になると取引先企業からファクタリング会社へ売掛金の支払いがあります。この決済で取引は完了となります。※契約内容によって異なる場合があります。

 

ファクタリングは、融資に依存傾向のある中小・零細企業に対して中小企業庁も推進しているれっきとした融資以外の資金調達方法です。

2001年版中小企業白書より一部抜粋して引用
Ⅱ 円滑な経済構造変化に不可欠な中小企業の挑戦>第1章 中小企業の経営革新への挑戦>第2節 業種横断的課題>

3 資金調達の円滑化

(3)資金調達手段の多様化
 有利子負債の返済負担が重い多くの中小企業にとって、資金調達手段の多様化は将来的な課題かもしれない。
 しかし、中小企業にとって避けて通れない課題である経営革新にはリスクが伴うため、リスク対応能力を向上させる観点から長期的には自己資本を充実させることが望ましい。資金調達手段の多様化に向けた市場の整備は徐々に進展してきており、今後こうした多様な手段で資金を調達することも検討に値する。

 1)売掛債権を活用した資金調達
 売掛債権を活用した資金調達手法は、従来からも「手形割引」という形式で活用されてきたが、中小企業が有する資産を有効に活用しつつ、バランスシートの改善に資する手法として、その重要性が高まっている(注26)。また、中小企業が有する資産を有効に活用しつつ、バランスシートの改善に資する手法である。

(イ)ファクタリング
 手形割引が「商業手形」を買い取ってもらうのに対して、ファクタリングは、企業が保有する売掛債権を買い取ってもらい、期限到来前に売掛債権を資金化する方法である。(~中略~)ファクター協議会によると、市場規模は平成8年度の約1,600億円から平成11年度は約4,500億円と3年間で3倍近く成長している。ファクタリング会社の利用企業には多くの中小企業が含まれている

中小企業の運用資金調達方法の多様化と円滑化を進める中で、ファクタリングは不可欠となっています。

欧米では古くから活用されてきた手段であり、日本ではここ数年で一段と拡大してきました。日本では手形取引が主流だったために売掛金の活用は遅れていたと考えられています。

 

ファクタリングでのデポジットとは

ファクタリングでのお金の流れの中には「デポジット(留保金)」が出てくる場合があります。

デポジット(留保金)は多くて20%くらいとるところもあります。少なくて10%です。

このデポジットは、決済後にファクタリング手数料を差し引いた分が後で企業に入金されます。

 

例えばデポジット(留保金)が20%のファクタリング会社で3社間ファクタリングをした場合

1,000万円の売掛金のうち、800万円が早期資金化されファクタリング会社から入金されます。

期日に取引先企業よりファクタリング会社に1,000万円の決済が確認できたあと、

残りの200万円からファクタリング手数料や諸経費が引かれた金額が入金されます。

つまりデポジット(留保金)があるファクタリング取引の場合、企業は対象の売掛金の80%ほどしか早期資金化できない、ということになります。

資金繰りに悩みを抱えている企業にとって、

このデポジット(留保金)があるかどうかは大きな違いとなるのではないでしょうか。

 

ジャパンファクターならデポジットなしでファクタリング可能

 

デポジット(留保金)があるかどうかで資金繰りが大きく変わってきます。

現在ファクタリング利用中だが、デポジットが10%ある

デポジットがないファクタリング会社と契約したい

という中小企業や零細企業の経営者さまからの声が多く聞かれます。

ジャパンファクター公式サイトより

 

ジャパンファクターでは、デポジット(留保金)はありません

前払い率は手数料を除く、100%ということになります。

例えば1,000万円の売掛金でファクタリング手数料が3%だった場合は、970万円を早期資金化することができます。

この譲渡代金を全額、契約時にご入金します。

契約締結後、ネットバンクにて即時入金作業を行うため30分以内に入金確認をして頂くことができます。※月末月初は銀行間取引混雑のため遅延する場合もあります。

 

ジャパンファクターのファクタリング

全国対応のジャパンファクターで契約しているファクタリングでは

デポジット(留保金)はかかりません。

 

例えばデポジット(留保金)なしでジャパンファクターで3社間ファクタリングをした場合

1,000万円の売掛金のうち、ファクタリング手数料を差し引いた970万円が早期資金化されジャパンファクターから入金されます。(ファクタリング手数料を3%とした場合)

期日に取引先企業よりジャパンファクターに1,000万円の決済が確認できたら、契約は完了となります。

 

ジャパンファクターのファクタリングであれば、

企業が保有する売掛金を最大限に早期資金化して運用資金として活用することができます

そして、ジャパンファクターのデポジットなし(留保金なし)のファクタリング契約は2社間ファクタリングでも適用されます。

ジャパンファクターの公式サイトより※2社間ファクタリングは取引先を介さずに売掛金を早期資金化する方法です。詳しくは担当者へお尋ね下さい。

 

融資以外の資金調達方法、ファクタリングなら最短即日での資金化も可能です。

必要書類も少なく、融資ではないため保証人や担保ももちろん不要です。

保有する売掛金を活用して、資金繰りを改善しましょう。

 

デポジット(留保金)なしのファクタリングのご相談はジャパンファクターへ

ジャパンファクターではファクタリング手数料以外は請求しません。見積もり、出張対応費も無料です。見積もり後にその他の費用として別途請求するようなこともありません。

24時間受付のメールフォームから相談申込みができます。こちらから

月末は申込みが殺到しますので、早めのご相談を推奨しています。