長崎でも!ファクタリングのメリットは「即日資金調達が可能」

長崎 即日資金調達ならファクタリング

長崎でも!ファクタリングのメリットは「即日資金調達が可能」


ファクタリングは企業や個人事業主さまが利用できる融資以外の事業資金調達方法の一つです。

ファクタリングを利用するメリットはいくつかありますが、

最大のメリットは即日でも資金調達が可能になるところではないでしょうか。

銀行でその日のうちに融資を受けることは困難ですし、ノンバンクでも500万以上の資金を即日で受けることも難しいでしょう。

しかし、ファクタリングであれば長崎の企業や個人事業主さまでも即日資金調達が可能になります。

その理由なども踏まえて、長崎の企業や個人事業主さまが利用できるファクタリングサービスについて説明していきます。

ファクタリングのメリット

長崎の企業や個人事業主さまがファクタリングを導入した時のメリットを考えていきましょう。

その前にファクタリングについて簡単に説明します。

長崎の企業や個人事業主が導入しているファクタリングの流れ

 

長崎の企業や個人事業主さまが取引先企業に対して商品の納品やサービスの提供が完了し、

その請求を出すことで売掛金が発生します。

その売掛金早期資金化するのがファクタリングサービスです。(この売掛金を債権としてファクタリング会社に譲渡し、その譲渡代金を受けとることです。)

手形を手形割引で早期資金化するのと似ています。

≪ 手形がなくても売掛金があれば資金調達は可能です ≫ジャパンファクターは24時間申込み受付
ファクタリングのご相談から契約・ご入金まで最短即日での対応も可能です。

 

長崎の企業がファクタリングを導入した時 メリットその①

ファクタリングは借入ではない資金調達方法

ファクタリングは融資ではない!

前述したように、ファクタリングは長崎の企業や個人事業主さまが保有する売掛金の早期資金化です。

ノンバンクの融資と混同されている方も多いですが、ファクタリングは融資ではありません

つまり、ファクタリング会社に事業資金の借入をするわけではないということです。

融資を受けるわけではないため、それに必要な審査や準備は不要となります。

もちろん保証人や担保も不要です。

 

長崎の企業がファクタリングを導入した時 メリットその②

赤字決算・債務超過・税金滞納でも利用できる金融サービスがファクタリング

融資ではないため財務状況が悪くても利用可能!

長崎の企業や個人事業主さまの財務状況によって融資が受けられないというところも多いのではないでしょうか。

例えば、赤字決算債務超過税金滞納などです。

1つでも当てはまるものがあると融資は難しい状況になりますが、ファクタリングでは違います。

融資ではないからこそ上記のような財務状況であっても利用は可能となります。

むしろ、「銀行融資を受けるために、ファクタリングで資金調達をして税金滞納を解決したい」ということでファクタリングを利用する長崎の企業や個人事業主さまが多くなっています。

“融資ではない=負債を増やさない”という資金調達方法であるため、

銀行融資を受けるまでのつなぎ資金として

銀行融資を受けるための準備資金として

融資を受けたいと考えている長崎の企業や個人事業主さまにとって、ファクタリングは有効的な資金調達方法であると言えます。

 

長崎の企業がファクタリングを導入した時 メリットその③

取引先に請求した債権があればいろんな業種で利用できるファクタリング

いろんな業種で利用できる!

ファクタリングは「売掛金を早期資金化」「売掛債権の買取」「売掛債権の譲渡」などと表現されます。

ところで長崎の企業や個人事業者さまで「売掛」という言葉に馴染みがない業種の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

簡単に言うと、取引先企業に対して出した近い将来支払われる請求のことです。

これは売掛金という言葉が使われない事業であっても、ファクタリングが利用できる債権がきちんと発生していることになります。

例えば、

■運送業・・・運送料債権
■建設業・・・工事請負債権
■飲食業・・・クレジット債権 ※顧客のクレジット決済による
■医療・介護事業・・・報酬債権

などで表現され、こういった業種でもファクタリングを利用することができます。

 

長崎の企業がファクタリングを導入した時 メリットその④

ファクタリングは融資よりも審査が簡単

主な審査対象は売掛先である取引先企業!

ファクタリングでは入金の流れが、

ファクタリング会社長崎の企業や個人事業主さま

取引先企業ファクタリング会社

となります。

ファクタリング会社にとっては、取引先企業が売掛金を請求書通りに支払いをできるかどうかが1番重要となってきます。

そのためファクタリング契約をする前の審査・査定としての主な対象は、

資金調達をする長崎の企業や個人事業主さまではなく、対象の売掛金を支払う取引先企業となるのです。

しかし、「無審査でどんな状況であっても売掛先企業の信用力さえあればファクタリング契約ができる」とまでは断言できません。

ファクタリングを利用する長崎の企業や個人事業主さまと、その取引先企業との取引や売掛金が本当に発生しているのかなどの確認作業は行われます。

取引と売掛金が確認でればファクタリングでの資金調達は可能となります。

 

長崎の企業がファクタリングを導入した時 メリットその⑤

売掛金回収リスクはファクタリング会社へと移転できる

売掛金回収リスクヘッジになる!

売掛金が発生するということは、売掛金を回収するということになります。

取引先企業が売掛金を支払えないという状況が発生することにより、長崎の企業や個人事業主さまは売上があるのに資金ショートを起こしてしまうことがあります。そしてそれは黒字にも関わらず連鎖倒産を引き起こすことにもなりかねません。

しかしファクタリングでは長崎の企業や個人事業主さまの売掛金を債権としてファクタリング会社に譲渡するため、その回収リスクもファクタリング会社へと移転します。

ファクタリングという売掛金の早期資金化は手形割引と似てはいますが、

ファクタリング会社に譲渡した売掛債権が不良債権になったとしても譲渡代金を受けた長崎の企業や個人事業主さまは払い戻しする必要はありません。

その売掛債権はファクタリング会社に譲渡しているため、取引先企業が倒産などで支払えなくなった場合でもファクタリング会社が負担することとなります。

つまり、長崎の企業や個人事業主さまにとってファクタリングは、売掛金の回収リスク回避になるということになります。※譲渡前から不良債権である場合は異なります。

 

ファクタリングのデメリットはなんだろう?

メリットがあれば必ずデメリットも存在するでしょう。

長崎の企業や個人事業主さまがファクタリングを利用することでのデメリットを1つ挙げるとするならば、

ファクタリングに必要な手数料が融資の利息よりも割高になる、ということです。

ファクタリングは融資ではないため現在では法定利息法は適用されません。ファクタリング会社によって設定ができ、その基準は異なってきます。

取引先企業の信用力や支払い日までの日数なども影響し、一般的には1.5%~30%くらいかかることもあります。繰り返し利用することでファクタリング会社によっては手数料を段々安くしてくれるところもあります。

融資の利息よりも手数料が高い分、長崎の企業や個人事業主さまは売掛金があれば取引先企業の信用力で即日での資金調達も可能となるのです。

 

ファクタリングで即日資金調達が可能なわけ

長崎の企業や個人事業主さまでもファクタリングであれば即日資金調達も可能です。

それはファクタリングのメリットでも説明したように、融資とは異なる金融サービスなので必要な審査や書類も異なります。

全国対応ジャパンファクターのファクタリングであれば必要な書類は以下のようになっています。

【申込み後に必要な書類】

①取引関係書類(直近3か月分)
※請求書・納品書・契約書

②入金口座
※取引先からの入金が記載されている通帳・直近1年分

③代表者身分証明書(免許証)
④許可証(必要な業種の場合)

必要書類が少ないため、すぐに確認して見積もりを出します。
資金調達に急いでいる長崎の企業や個人事業主さまへ迅速にファクタリング契約内容のご提案が可能です。

【契約時に必要な書類】

①申込み後に必要な書類の原本
※確認のため
②全部事項証明書(謄本)のうち
※現在事項証明書…1通
③概要記録事項証明書のうち
※現在事項証明書…1通
※閉鎖事項証明書…1通
④法人印鑑証明…2通
※代表者の印鑑証明は不要
⑤代表者住民票…1通

法務局ですぐに取得できる書類です。

審査というよりも、ファクタリングで資金調達をしたい長崎の企業や個人事業主さまと取引先企業の取引を確認する作業です。融資ではこいうわけにはいきません。

必要な書類の少なさは、契約成立までの時間コストの軽減を意味します

 

とにかく急ぐなら2社間ファクタリングという選択肢も

そして、ファクタリング契約の種類によっても長崎の企業や個人事業主さまが即日資金調達ができるかどうかが変わってくる場合があります。

前述した3社間ファクタリングでは取引先企業への通知や承認が必要になるため、即日でのファクタリングが難しい場合があります。それでも長崎の企業や個人事業主さまが至急で資金が必要であることが変わりませんよね。

そのような時に利用できるファクタリングサービスが2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングとは、長崎の企業や個人事業主さまとファクタリング会社だけで売掛金を早期資金化するファクタリング契約の種類です。

2社間ファクタリングを利用すれば即日資金調達が可能

取引先企業の通知や承諾を得なくてもファクタリングは利用できます。

 

取引先企業への通知・承諾を省略することで最短で資金調達に繋がります。

長崎の企業や個人事業主さまが、

とにかく急いで資金調達をしたい

取引先企業へ資金繰り悪化を知られたくない

という場合などに推奨しているファクタリングサービスが2社間ファクタリングです。

 

長崎の企業や個人事業主さまの状況に応じて、適した資金調達方法を選択することが大切です。

 
状況に合わせたファクタリング契約が可能なジャパンファクターへご相談下さい!
2社間ファクタリングならジャパンファクターを推奨
 

長崎でもファクタリングサービスは拡大中

まだファクタリングという言葉は多くの企業や個人事業主さまに周知されているとは言い難いです。

しかし手形決済から現金決済へと移行してきた現在、売掛金の早期資金化サービスは確実に拡大しています。それと共に利用企業、利用者も増えてきています。

 

長崎|企業のファクタリング

「融資を受けたいのですが」というお問い合わせを頂きます。

ファクタリングについてご存知ない長崎の企業でもそのサービス内容について丁寧に説明させて頂きます。

また企業間取引で発生する売掛金を扱うということもあり、取引先企業へ資金繰りが上手くいっていないことを知られたくないという企業さまも多くいらっしゃるでしょう。

そのような場合には2社間ファクタリングをご提案が可能です。徹底した秘密保持でファクタリング契約を結ぶ長崎の企業さまと信頼関係を築いていきます。

またジャパンファクターではFAXやDMでの営業などが一切行っていません。

 

長崎|個人事業主さまのファクタリング

長崎でも個人でweb関連業・配送業・飲食関連業などをしているという経営者の方は多いです。

フリーランスで仕事をしている方というのもどんどん増えていますね。

長崎の個人事業主さまもファクタリングは利用できます。

しかし、個人事業主さまでも契約できるクタリング会社というのは限られています。

個人事業主でもファクタリングOKなのは全国でも数えるほどしかありません。

理由としてはいくつかありますが、個人事業主さまでは毎月保有する売掛金が少額に留まってしまうことなどが挙げられます。

 

全国対応のジャパンファクターでは、売掛金が30万以上確認できれば個人事業主さまでもファクタリングをご利用頂けます。中には20万以下でファクタリングをされる企業さまもいらっしゃいます。

ファクタリングは単発的にも継続的にも導入できる融資以外の資金調達方法なのです。

 

長崎|地方の企業・個人事業主さまのファクタリング

東京や大阪などでなく、地方の企業や個人事業主さまでもファクタリングは利用できます。

長崎の企業や個人事業主さまでもファクタリングでの資金調達は可能であり、なおかつ即日で資金調達することもできます。※契約内容によります。詳しくはファクタリング会社へお問い合わせ下さい。

しかし、ファクタリング会社によっては利用できる地域が限られている場合もありますのでご注意下さい。

「全国対応」としているファクタリング会社であれば問題ないでしょう。

 

ジャパンファクターのファクタリングサービスなら

ジャパンファクターは全国対応のファクタリング会社です。もちろん長崎の企業や個人事業主さまもご利用頂けます。

なによりジャパンファクターは長崎本社のファクタリング会社となるため、

九州の企業や個人事業主さまとのファクタリング実績が多数に及びます。

資金繰りの悩みを早期解消することで、

長崎の企業や個人事業主さまは事業に専念することができます。

「近い」という安心感と、

多数の経験によりさまざまな経営状況の長崎の企業に合わせたファクタリングサービスのプランを提案することができます。

上記で説明してきたようにファクタリングにもいろんな選択肢があります。

長崎の企業や個人事業主さまが、適切な資金調達ができるようにジャパンファクターがサポートします。

まずはお気軽にご相談下さい。

 

24時間受付のメールフォームから無料でご相談・お見積り頂けます。

いつでも無料相談・無料見積もりできるジャパンファクターへお問い合わせ下さい